炭水化物を減らしてキャベツで痩せる!

炭水化物を減らしキャベツで10日間、5キロのダイエット
もともと59キロありました。結果54キロまで減量に成功し健康診断に間に合いました。

 

炭水化物を減らすために朝はご飯をしっかりいただきます。その後お昼はご飯を半分、あとは野菜をたっぷり取るようにします。夜はキャベツのみ。キャベツは胃にいいといわれていることから、特に太ることもないだろうと私は生キャベツを毎日4分の1ずつ食べることにしました。

 

キャベツは千切りにしてドレッシングやマヨネーズはかけないでいただきます。たまには「しらす」や「塩こんぶ」、シーチキンなどをかけます。キャベツの量が半端ではないので、家族で夕食をたべていても同じくらいの時間がかかります。

 

「ばりばり」食べることになるので、食べているという実感も味わうことが出来ます。また春はキャベツが甘い時期となりおいしく頂くことができます。そんなダイエットを試しました。

 

夕食の時間にも気を使いました。いつも同じ時間帯の午後7時としました。その後食べたくても出来る限り口にすることを注意し、コーヒーもやめました。夜はお湯や水で満腹にしていました。

 

2日目くらいからもしかして減っているかもという感じはしましたが、3日目くらいには体重がふえることもありました。次第にちょっとづつ下がっていき、結果10日で5キロダイエットに成功しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です